ぼっち女子、恋を知る 暮々うかわか

[ComicFesta]ぼっち女子、恋を知る.ver1.1.1
暮々うかわか
『ぼっち女子、恋を知る』
無料立ち読みはこちら

★Teen’sLove・ティーンズラブ

ぼっち女子、恋を知る~あらすじ

ある学校の帰り道…
「今日どこか寄ろうか」
「いいね」
「カラオケでも行こうか」
友人同士が話をしながら歩いている。

その横でうつむき無言で歩いている女子がいた。
高校2年生のそらこは転校を繰り返し、友達がひとりもいない寂しい日々を送っていた。

数人のグループが、寄り道や休みの日に遊ぶ予定の話をしながら歩いている様子を羨ましそうにながめる。
「私も友達と遊んだり、男の子とデートしたいな…」

人気者の男子と付き合うなんて、高望みして目立つことしていじめられるよりは、地味でもひとりで楽しめる趣味を満喫する方が良いと自分に言い聞かせる。
「映画100本感想を書く!」
意気込んで映画館に行けば、誰も客が入っておらず、貸し切り状態だった。
すると若いカップルが入ってきて「すごい、うちら貸し切りじゃん」「静かにしろよ」と騒々しくなった。

カップルは2人だけと思ってイチャイチャし始める。
「誰もいないんだからァ…」

その様子にイライラしたそらこは「映画の邪魔!」と一喝した。
するとそのカップルが、同じクラスの近馬くんと女子グループの1人だった事に気づく。
彼女は恥ずかしくなり「すみません」と謝り映画館を出た。

そのときに秘密のノートを落として彼に拾われて…

ぼっち女子、恋を知るの見所

学校で一番のモテ男に秘密のノートを知られて…
転校を繰り返し友達ゼロのそらこ。
趣味を楽しもうと映画観賞に没頭していた。
劇場は貸し切り状態だったが、あとから入ってきたカップルの声がうるさくて、注意するとそのカップルはクラスメイトの近馬くんだった。
劇場を飛び出すと慌てていたため、映画の感想を書いていた秘密のノートを落としてしまう。

なんと数日後、ノートをもってきた近馬くんから告白されて…


[ComicFesta]ぼっち女子、恋を知る.ver1.1.1
【ぼっち女子、恋を知る】
暮々うかわか
こちらから無料サンプルを立ち読みできます!
無料サンプルはこちら

18禁(R18)成年向けエロマンガや、アダルト電子書籍、TL(ティーンズラブ)・BL(ボーイズラブ)作品を試し読み!
ぼっち女子、恋を知るの感想やレビュー、画像ネタバレ情報も更新していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする